加齢による肌問題を防ぎましょう

高濃度ビタミンC点滴療法の対象者

ビタミンの大切さ
高濃度ビタミンC点滴療法は、アメリカのライナス博士によって開発された療法です。
ビタミンCを口から摂取するのではなく、点滴により体内に注入する方法です。

サプリや食べ物から摂取するだけでは限界があり、中には体質的に下痢をしてしまう人もいますが、
点滴療法ならその心配はいりません。

また高濃度のビタミンCを一度に大量に体内に入れることができるというメリットもあります。

ビタミンCは体内に蓄えておくことができないので、取りすぎても心配はなく
過剰なビタミンCは自然に排出されます。

高濃度ビタミンCの点滴療法は、がん患者を対象者としてクリニックで行われています。

クリニックで治療

一般の医学的な治療では効き目がない人、あるいは一般の医学的な治療と並行して行うことで
さらに治療の効果を高めたい人あるいは代替治療を目的とした人などに適した方法です。

高濃度ビタミンC点滴療法には大きな2つの作用があります。

一つには癌細胞を殺す役目です。癌細胞は糖を好みますが、ビタミンCにも似たような性質があります。
癌細胞がビタミンCを取り込むと、そこから過酸化水素が大量に発生します。

正常な細胞は過酸化水素には全く影響を受けませんが、癌細胞は過酸化水素に弱いので死滅するのです。
抗がん剤や放射線療法と併用することで、さらに治療効果が高まります。

効果が高まる

また、もう一つ抗がん剤の副作用の軽減にも大いに効果があります。
ビタミンCには毒を排出する作用があるので、抗がん剤の強い毒素を薄めたり、身体から排泄させる役割をしてくれます。

また、ビタミンCは本来人の体内に自然に存在する物質です。
そのため大量に摂取しても、眠気や嘔吐、脱毛などの副作用の心配がないので安心して使えます。

ビタミンCにより免疫力の増加や体力が向上するので、全身状態が良くなり辛さやだるさからも解放されることがあります。
治療をしても効き目がなく、他の治療法を探している人や、再発や転移が心配な人にも有効な治療法です。

 

全身転移効果sitemap対象者おすすめしたい人向いていない人肝斑有効アメリカ副作用効果アフターケア