加齢による肌問題を防ぎましょう

全身転移の人にも  

ビタミンの大切さ癌の代替療法として注目されている高濃度ビタミンC点滴療法ですが、
どのような患者さんにこの治療が適しているかというと、通常のがんの
3大治療で効果が期待できないと言われた人やすでに進行して転移が
確認された人が、自身の希望でこの治療を受けることで効果が期待できるものです。

癌治療

ステージ1やステージ2の比較的早い段階で病気が発見できた場合、手術や放射線治療の治療効果が十分に期待できることから、代替療法を選択肢とすることは考えにくいですが、既に症状が進行しており、治療が困難とされる場合、高濃度ビタミンC点滴を選択肢として治療を考える人もおられます。

とくに、ステージ3以上に発展しており、他の臓器やリンパに転移が確認される
患者さんの場合、化学療法を行ったとしても十分な効果が得られず副作用が
主作用を上回ることがあります。

抗癌剤による副作用は、全身倦怠感、吐き気、嘔吐、脱毛、めまいなど様々な症状が現れます。

抗癌剤は癌細胞を強く攻撃する効果が期待できながら、正常細胞にもダメージを加えてしまう
強い作用があり、同時に免疫力低下につながります。

希望が持てる進行期の癌はリンパ液に乗り体中を巡ってしまっていることがあり、
全身転移となると様々な臓器やリンパ管、骨にまで転移することがあり、
このような状態になると治療が難しくなり、患者さんの身体の負担も大きくなります。

高濃度ビタミンC点滴療法は、西洋医学の概念で治療の限界とされる全身転移の
患者さんにも有効であり、点滴により血管内に直接高濃度ビタミンCを投与し、
癌のみを探して集中的に攻撃し、治癒に向かわせます。

 

 

 

がん検診の大切さ|がんを早期発見するために

毎年日本において、多くのガンで亡くなっていることが国立がん研究センターがん対策情報センターからデータが発表されています。

日本では毎年約37万の方ががんによって亡くなっている事実としてあります。その中に企業で働いている人達も多く含まれています。
そして現在の日本社会は女性が社会に進出していることもあり、今後企業で働くがん患者はさらに急増していくことが容易に予想されます。

企業にとっても従業員ががんによって人材を失うのは大きな痛手となります。
そこで多くの企業が、がん対策推進企業アクションに参加をしています。

これは、企業で働く従業員のがん検診の受診向上を企業連携で推進していくことが目的となっています。
がんは早期発見すれば治療可能な病気となっていますので、がん検診の受診を促すことが結果的に起業にとって貴重な人材を失わずに済みます。

厚生労働省の方でもがん検診の受診を50%を目指していますので、がん対策推進企業アクションでも積極的にサポートしてがん検診の受診を
促進させていっています。がんは早期では発見しなければ命に関わる重大なものとなりますが、早期で発見すれば治療が可能なのでがん検診は
かなり重要なものとなります。

全身転移肌問題回復動脈硬化効果がん和らぐ対象者色素整えるsitemap