加齢による肌問題を防ぎましょう

転移したがん  

がんであると診断された方々に対して用いられている治療法の中に、
薬理学的療法と呼ばれるものがあります。

具体的には、オゾンやビタミンなどの成分を点滴という形で血液中に
取り入れ、体質の改善を図るというものです。

これら薬理学的療法の中には、高濃度ビタミンC
点滴療法も含まれています。

この高濃度ビタミンC点滴療法では、25グラムから
100グラムほどの量のビタミンC製剤が投与されます。

それによって免疫力をアップさせようという療法となっています。

体内に

今や、高濃度ビタミンC点滴療法は、抗がん剤治療による副作用を和らげたり、
免疫機能を強化したり、さらには食欲を改善したり体力の回復を早める上で
効果を発揮するといった理由から、広く用いられるようになってきました。

しかし、気になるのは、転移したがんにも果たして効果を発揮するのか
どうかという点でしょう。

実は、標準治療では効果を上げるのが難しいとされている転移性のものに
ついても、一定の効果が得られると報告されています。

実際に、転移が見られた患者に高濃度ビタミンC点滴を施した結果、
痛みが軽減されたり、体力が回復したといった報告があるのです。

患者

このように、高濃度ビタミンC点滴療法の際には、患者の体調や病状を
観察しながら、投与するビタミンC製剤の量が調整されます。

一般には、週二回の割合で半年くらいの間、高濃度ビタミンC点滴をし、
経過が良好であるなら徐々に減らしていくことになるでしょう。


全身転移肌問題回復動脈硬化効果がん和らぐ対象者色素整えるsitemap