加齢による肌問題を防ぎましょう

アメリカによる研究

ビタミンの大切さ日常的に健康に気をつけて生活を送っている方は多いですが、
日本人の死亡原因の一つである『がん』の症状は、完全にがんを消滅させる治療方法は
見つかっていないため、出来るだけ早期発見をして治療を行うことが治療への近道だと言われています。

病気の予防を行いたいという方を中心に注目されている治療方法の一つが
高濃度ビタミンCを直接体内に入れる点滴療法です。

この点滴療法はアメリカ国立がん研究所で、高濃度ビタミンCの大量投与による副作用は少なく
治癒力の向上やがん細胞の縮小効果、生存期間の延長効果等も実証されていないと言われているものの
高濃度ビタミンCを点滴で投与することで、アンチエイジング効果による肌にハリやツヤを出す美容効果や
体内の癌細胞を死滅させるといった効果を期待して、治療を受けるという方が増えてきているのです。

効果的な治療法

実際に国内でこの点滴療法を行う場合には、保険診療外の自費診療となるため
アスコルビン酸と血管痛を防ぐためのマグネシウムなどの費用と、医師の手技料を含めても
一回につき1~3万円ほどかかります。

また、癌予防や治療として点滴療法を利用したいと思っている場合は、アスコルビン酸の濃度を
高く維持させることが重要になるため、2~3日おきの点滴が必要とされています。

そのことから週2回の通院でも月20万円を超える費用がかかってしまうことを理解した上で
治療を行うことが重要になってくるのです。

費用がかかる

実際に高濃度ビタミンCの点滴療法を受ける場合は、注意点として腎機能に異常が出ていないか
常にチェックするようにしましょう。もしも高濃度ビタミンCは過剰摂取をしてしまうと
副作用を引き起こしてしまう可能性が高いので、短期間で効果を実感しようと大量に摂取するのではなく、
医師と相談しながら適切な量を、決められた期間内で点滴で体内に入れていくことが
1番効果的だと言われています。

体調をしっかりチェックしながら知慮を受けていくようにしましょう。

全身転移効果sitemap対象者おすすめしたい人向いていない人肝斑有効アメリカ副作用効果アフターケア