加齢による肌問題を防ぎましょう

ビタミンCががん細胞を殺す

ビタミンの大切さがん細胞について


がん細胞は健康な身体の人にも存在している細胞です。
毎日数千個が生まれては、免疫細胞に退治されて死滅していきます。

がん細胞は糖を栄養にしますが、実はビタミンCと糖は構造が類似しているため
同じように取り込みます。

しかし、その際に毒性のある過酸化水素が大量に発生。
正常な細胞は 過酸化水素を分解する酵素を持っているため影響がありませんが、
異常な細胞には除去する酵素が乏しく死んでしまいます。

そのため、ビタミンCの血中濃度が高いほど、がんを死滅させやすいと言われているのです。

しかし、ビタミンCは水溶性で体外に排出されやすい特性も持っています。
そこで、血中に直接作用する高濃度ビタミンCの点滴療法が考案されるようになりました。

アメリカでは論文も発表されており、大学病院などでも臨床試験が開始されています。
高濃度ビタミンCによる点滴療法は正常な細胞に影響がないだけでなく、弱った身体の修復や
本来備わっている自然治癒力、免疫力なども高めてくれます。

複数の治療法のひとつとして用いるには効果的だと言えるでしょう。
副作用がない上に身体にとっても良い効果があるため、並行して高濃度ビタミンCの点滴療法を
取り入れることも有効です。

症状が進んでいる、放射線治療などや様々な治療をすでに行った方で効果が感じられない方にも
試してみる価値がある方法です。
実際に改善することができた、余命が伸びたという事例もあります。

リスクがないことも大きなメリットですので、別の治療法を探している方には最適だと言えるでしょう。
また、高濃度ビタミンCでの点滴療法は健康な人にとっても価値があります。

健康的

それは、がんの予防もしくは手術後などで治療が済んだ方の再発防止にも効果が期待できるからです。
病気には遺伝や発症しやすい家系があるとも考えられています。

腫瘍の芽ができてから、発症までに長い年月がかかると言われています。
この期間に高濃度ビタミンCによって、成長を阻害することでリスクを軽減するのです。

日本人の2人に1人がなると言わている「がん」その予防方法とは?

近年メディア等でもよく見かけますが、日本人の2人に1人はがんになると言われています。
日本人の男性のがんの約53%、女性の27.8%は生活習慣や感染が原因と考えられます。

国立がん研究センターを始めとする研究機関でこれまで調べた結果、予防するために必要な要因が
禁煙・節酒・食生活・身体活動・適正体重の維持・感染です。

これらをがん予防ガイドラインとして、「日本人のためのがん予防法」が定められています。
感染以外は日ごろの生活習慣を気をつけることで対策が可能です。

5つの健康習慣を実践すれば、個人の努力でがんになる確率を低くし、予防することができます。

国立がん研究センターでは、全国11カ所の保健所の協力で調査開始時点で年齢40歳から69歳の
男女総計約140,000人を対象に追跡調査を実施しています。

生活習慣とがんや他の病気の罹患について調べたものです。
その結果は、5つの健康習慣を実践する人は、実践なしまたは1つ実践する人に比べて、
男性で43%、女性で37%がんになるリスクを低くできるという推計が示されています。

タバコや深酒を避けること、塩分を少なくし野菜をたくさん摂ること、熱い食べ物や飲み物を
冷ましてから口にすること、積極的に身体を動かすこと、適正体重の維持を心がけることなどを
実践すれば、がんの予防方法として対策が可能です。

全身転移効果sitemap対象者おすすめしたい人向いていない人肝斑有効アメリカ副作用効果アフターケア