加齢による肌問題を防ぎましょう

治療に向いていない人

ビタミンの大切さ
縁健康と美容に高い効能があるビタミンCの栄養素を摂ることができる方法に、
高濃度ビタミンCの点滴治療があります。

ビタミンCには活性酸素という成分を除去する働きがあり、この成分が減ることで
体を良い状態にすることができます。

血管に針を刺して高濃度のビタミンCを入れ、血液の中にあるビタミンCの数を増やすのが
高濃度ビタミンCの点滴のやり方です。

活性酸素が抑制されると美肌、免疫機能の向上、体の疲労回復、高血圧の防止、
がん予防などの健康・美容効果が得られます。

ただし、体質によっては高濃度ビタミンCの点滴治療を受けられないことがあります。

体質的に高濃度ビタミンCの点滴治療が向いていない人は、人工透析を受けている、
肝臓の働きが悪い、G6PDと呼ばれる酸素が足りていない状態の人です。

向いていない

ビタミンCは体に良い栄養素ではありますが、大量に摂ると肝臓に多少の負担がかかってしまいます。

人工透析を治療を受けている人、肝臓の働きが正常でない人は、普通の人よりも肝臓への負担が大きいので
無理に摂ると健康に支障が出る恐れがあります。

G6PDの酸素が体に不足している人は、高濃度ビタミンCを摂ると赤血球が壊されてしまうことがあります。
そうなると溶血の症状が起きる可能性があり、命に関わることもあるので点滴は控えましょう。

G6PDの酸素の欠乏は自分で気づけないことがあるので、定期的に高濃度ビタミンCの治療を
検討しているのなら、検査してから受ける方が安全です。

検査をする

全身転移効果sitemap対象者おすすめしたい人向いていない人肝斑有効アメリカ副作用効果アフターケア